MENU

肝臓の数値を下げるには?

肝臓の数値を下げるには?

肝臓は体内に於いて最も大きい臓器で、有害物質、それに感染などから体を守る働きがあります。

 

これ以外には、炭水化物やビタミン、たんぱく質、脂質の代謝、ミネラルの蓄積や活性化にとって大事な役割となります。

 

その大事な肝臓の機能が低下してしまうと体のだるさや集中力の低下、さらに最悪の場合は重い病気に罹ってしまうことがあります。

 

そうならない為にも、健康診断など肝臓の数値が大きった場合は早めの対策が必要です。

この記事の目次
  • 肝臓の数値をコントロールする食事を心がける
  • 普段の生活に運動を取り入れて肝臓の数値を下げる
  • 肝臓の数値を下げるサプリメントを服用する

 

肝臓の数値をコントロールする食事を心がける

肝臓の数値をコントロールする食事は特別な管理は必要ないのです。

 

しかしバランスのとれた食事がとても大切なのです。

 

肝臓の症状が悪化したら、特別な食事療法も大切になってくるから、何としても進行を食い止めたいところだと思います。

 

ここでいうバランスのよい食事というのは、中性脂肪、血圧、血糖値、を正常な数値を長続きし、きちんとしたカロリー摂取が可能な食事のことを指します。

 

下記の5つの食事法を行なってみましょう。

お肉よりも魚を選んでコレステロールを管理

お肉よりも魚を選んでコレステロールを管理

お肉にはコレステロールを上げてしまう飽和脂肪酸が多く含まれます。

 

お肉を食べるときは、脂身の多くないものを選択するようにしてください。

 

魚は、いわしとかさんまといった青魚には、コレステロールを改善させる働きのある
オメガ3脂肪酸が含まれます。

 

更には、お肉よりもぐっと魚のほうが、カロリーが低めのケースがほとんどで、
カロリーコントロールにも役に立ちます。

揚げ物を控えて肥満解消

揚げ物を控えて肥満解消

カロリーを控えるには、油を控えることが有効でしょう。

 

大さじ1の植物油はだいたい120カロリー、そしてバターは100カロリーとなります。

 

油を多く使用している揚げ物や炒め物は、材料の重さの10%前後の油を
吸収するケースもあります。

 

10gの油はだいたい90カロリーとなります。

ご飯・麺類・パン類・甘いものを食べ過ぎない

ご飯・麺類・パン類・甘いものを食べ過ぎない

炭水化物を食べ過ぎると、血糖値や中性脂肪が上がりやすくなってしまうのです。

 

炭水化物を食べ過ぎる方は、野菜や魚といった健康的な食品をちゃんと食べておらず、
不足していることもあります。

 

またカロリーも高くなりやすいです。

 

毎日、野菜を摂る

毎日、野菜を摂る

野菜はカロリーが低く、それに健康に欠かせない栄養素が豊富です。

 

数多くの野菜に血圧をコントロールする役目を持っているカリウムが
含まれているのです。

 

野菜が不十分のような食事は、カロリーや脂肪が多くなりやすいです。

 

果物を摂る

果物を摂る

果物は低カロリーで豊富にあるビタミンや食物繊維を含みます。

 

数多くの果物に、血圧管理に関係するカリウムが豊富に含まれます。

 

おやつに代わって果物を食べたり、食事に果物を付けたりすることで、
トータル的に総カロリー量を減らすことができるでしょう。

 

食事だけではなく、運動習慣を生活に取り入れ、お酒の量を調節しながら、
肝臓の症状が悪化するのを未然に防ぐようにしましょう。

 

普段の生活に運動を取り入れて肝臓の数値を下げる

普段の生活に運動を取り入れて肝臓の数値を下げる

肝臓の数値を下げる方法として運動を取り入れることをおすすめします。

 

ただし、大きな肝臓病に罹っている人はきちんと医者に相談してから取り入れるようにしましょう。

 

肝臓の数値が高くなってしまったからといって、休肝日と自宅で安静にして暮らす日々だけでは筋力や運動力の低下によって体が不健康な状態になってしまうリスクもあります。

 

運動をしないと末端器官からの血の巡りが悪くなって、汚れた血が体に溜まっていきます。

 

その処理を行うのが肝臓となり負担を掛けてしまうのです。

 

散歩やゴルフ、ボーリングといった軽い運動かつ楽しくできる運動をすることで、体力がつきストレスの発散にも繋がります。

 

また、血の巡りも改善されるので自然と肝臓への負担も軽減されます。

 

肩の痛みを改善したい人は、こちらのサイトがオススメ!
肩の痛みに効くサプリの比較ランキング!